夜勤専従看護師のメリットはいっぱいあります

夜勤専従看護師 > 夜勤専従看護師が働きやすい理由

夜勤専従看護師が働きやすい理由

一般的な病院の病棟看護師の仕事は3交代制勤務か2交代制のシフト勤務になります。 中には日勤のみだけとか夜勤専門看護師とか固定シフト勤務の求人もあります。

ここでは、看護師の夜勤専従勤務は一般勤務よりも働きやすい理由についてお話をいたします。 最終的に個人個人によってどのシフトが良いかになりますが、夜勤専従の働き方の良い面と悪い面を考えてみましょう。

看護師の意見として「日勤と夜勤がアトランダムに組まれるならば夜勤専従の方が良い」とか「たまには普通の生活時間で過ごす日勤があったほうが良い」などいろいろです。

それぞれの意見の根拠になる仕事に対する考え方をまとめてみましょう。 それによって自分の働き方に向いているのかどうか判断できると思います。 夜勤専従が向いていると思ったら実際の求人情報を探せば良いのです。

看護師の仕事がハードだとされている原因は、夜勤シフトがあるからではありません。 日勤と夜勤が混在しているシフトだから看護師の気力や体力を奪われるのです。 人間には<サーカディアンリズム>と呼ばれている活動時間と睡眠時間のリズムが重要だからです。

人の体内時計は1日25時間になっています。 朝日を浴びることによってリセットされなければ、眠る時間は毎日1時間遅くなります。 こういったリズムを狂わせるような勤務シフトは人間には向いていません。

例えば<日勤→深夜勤>というシフトの場合を考えてみましょう。 夕方に日勤が終わりますが、深夜入りまで眠ろうとしても難しいですね。 朝7時に目覚めた人が夕方6時に寝ようとしても難しいでしょう。 眠る時間を遅らせる努力はできても、早く眠るのは困難なのです。

毎日朝起きて夜眠る生活が一番理想的です。 けれどもそれができないならば、サーカディアンリズムに大きく反することがない生活習慣を続けられる環境の方が肉体的には楽になります。

そう考えると夜勤専従の方が、日勤と夜勤がバラバラに組まれてしまうシフト勤務よりも仕事がしやすいのです。 以上、看護師の夜勤専従勤務は一般勤務よりも働きやすい理由を説明いたしました。 転職を考える場合に参考にしましょう。