夜勤専従看護師のメリットはいっぱいあります

看護師に関する情報を更新中!

夜勤専従看護師が働きやすい理由

一般的な病院の病棟看護師の仕事は3交代制勤務か2交代制のシフト勤務になります。 中には日勤のみだけとか夜勤専門看護師とか固定シフト勤務の求人もあります。

ここでは、看護師の夜勤専従勤務は一般勤務よりも働きやすい理由についてお話をいたします。 最終的に個人個人によってどのシフトが良いかになりますが、夜勤専従の働き方の良い面と悪い面を考えてみましょう。

看護師の意見として「日勤と夜勤がアトランダムに組まれるならば夜勤専従の方が良い」とか「たまには普通の生活時間で過ごす日勤があったほうが良い」などいろいろです。

それぞれの意見の根拠になる仕事に対する考え方をまとめてみましょう。 それによって自分の働き方に向いているのかどうか判断できると思います。 夜勤専従が向いていると思ったら実際の求人情報を探せば良いのです。

看護師の仕事がハードだとされている原因は、夜勤シフトがあるからではありません。 日勤と夜勤が混在しているシフトだから看護師の気力や体力を奪われるのです。 人間には<サーカディアンリズム>と呼ばれている活動時間と睡眠時間のリズムが重要だからです。

人の体内時計は1日25時間になっています。 朝日を浴びることによってリセットされなければ、眠る時間は毎日1時間遅くなります。 こういったリズムを狂わせるような勤務シフトは人間には向いていません。

例えば<日勤→深夜勤>というシフトの場合を考えてみましょう。 夕方に日勤が終わりますが、深夜入りまで眠ろうとしても難しいですね。 朝7時に目覚めた人が夕方6時に寝ようとしても難しいでしょう。 眠る時間を遅らせる努力はできても、早く眠るのは困難なのです。

毎日朝起きて夜眠る生活が一番理想的です。 けれどもそれができないならば、サーカディアンリズムに大きく反することがない生活習慣を続けられる環境の方が肉体的には楽になります。

そう考えると夜勤専従の方が、日勤と夜勤がバラバラに組まれてしまうシフト勤務よりも仕事がしやすいのです。 以上、看護師の夜勤専従勤務は一般勤務よりも働きやすい理由を説明いたしました。 転職を考える場合に参考にしましょう。

看護師の産休について

看護師として働く女性は、看護師の産休事情についても気になるのではないでしょうか。 産休という制度は働きながら子どもを育てていくためには非常に大切な制度です。

ただ、初めて出産をするという方は産休の詳細について分からないことがあるかと思うので、ご紹介します。

まず、どれくらい前から産休が申請できるかというのは、妊娠した赤ちゃんが一人なのか双子以上なのかという点によって違うということを知っておきましょう。

一般的には妊娠した赤ちゃんが一人の場合、予定日の6週前より産休を申請することができます。これに対し、双子以上の場合は予定日の14週前から産休を取ることが可能です。

看護師として働いている最中に妊娠が分かった方は、職場に報告をしましょう。 どのタイミングで妊娠を報告するかというのは人によって違うようですが、母子手帳が発行されたら早めに報告しておいたほうが安心です。

ぎりぎりになってから報告する方もいるようですが、赤ちゃんが大きくなっていくと長時間の立ち仕事はどんどん厳しくなってしまいますよね。 早めに職場に報告をしておけば、お腹の状態を考慮してもらうこともできるでしょう。

また、妊娠が発覚したあとは夜勤や休日勤務が免除されるところもあるため、安心して赤ちゃんのために体調を整えることができます。

産休を取るにあたり引き継ぎなどの作業も出てくるわけなので、あまりぎりぎりになってから職場に報告をすると周りに迷惑をかけることになってしまうかもしれません。

無事産休に入ったら看護師としての忙しい日々からしばし解放されるので、ゆっくり安静に過ごしましょう。産休からの復帰タイミングは人によって違いますが、産休中に復職のタイミングなどをよく考えておいたほうがいいですね。

復職をすることが決まったら保育所の入園手続などもしなければならないわけなので、忙しくなってしまいます。産休中から少しずつ準備を始めておけば、ばたばた慌ててしまうこともないでしょう。

看護師の退職方法と退職金

職場を退職することが決まったら、退職方法について調べておきましょう。退職をする際に提出しなければならないものといえば、退職願と退職届です。きちんとした形で提出しなければあとからなにかとトラブルになってしまう可能性もあるため、正しい書き方をご紹介します。

まず、退職届はどういった形で提出しても法律上は問題ないのですが、マナーとして一般的な書き方を見につけておきたいですね。白い無地の便箋と封筒を用意します。 封筒には退職届または退職願と黒いボールペンや万年筆で書きましょう。

中に入れる便箋には、縦書きで一行目に「退職届」 と書き、次の行に「この度一身上の都合により○年○月○日を以って退職したく、お願い申し上げます。」といった内容を書きます。 退職理由については細かく書く人は稀で、ほとんどのケースでは一身上の都合と書くようです。

次に「平成○年○月○日」と提出する日付と「看護部○○課」と自身の所属を書き、氏名の下に印を押しましょう。それから、○○病院 院長 ○○様と書きます。

続いて、気になる退職金についてご紹介しましょう。退職金がどれくらいもらえるかというのはとても気になるところですよね。

ただ、雇用条件や勤務形態によっては退職金がもらえないケースもあるので、この点は理解しておかなければなりません。例えば、アルバイトとして働いている場合などには退職金が出ないものと思ったほうがいいです。

多くの職場では一定期間以上の勤続年数がなければ退職金が貰えません。どれくらい勤続すればいいかというのは職場によって違うものの、5年というような形で期間が設定されているので事前に確認しておくといいでしょう。

退職時の月給総額×勤続年数×功績倍率というのが基本的な計算式となるので、これに当てはめて計算することができます。功績倍率というのは役員や役職の割り増し分のことなので、役職についていない看護師の場合は1.0倍となるのが一般的です。