看護師求人を探す際の注意点

看護師に関する情報を更新中!

自分の働き方を重視して看護師求人を選ぶということ

看護師の勤務先というと、真っ先にイメージするのが「病院」ですよね。 実際、看護学校を卒業してすぐの新卒看護師の大多数が病院勤務となりますし、看護師資格保持者の大半が民間や公的機関の総合病院へ勤務しているというのが現状です。

しかし、近年看護師資格を持つ有能な人材の活躍の場は病院に留まらず、様々な分野で活躍する看護師・元看護師の方が増えてきています。

また一言で病院といっても、一昔前のように総合病院だけが幅をきかすといった事はなくなり、一つの病気や疾患、医療分野に特化した専門病院やクリニックも多数開設され、それぞれの施設で求められる看護師の能力や適性も異なってきています。

こういった背景があり、看護師の勤務形態や労働条件も非常に幅広くなり、看護師求人情報などをチェックしても、勤務時間・年収・福利厚生・応募条件などにおいて、大変差が出てきています。

例えば、病棟看護師の求人であれば「正社員・常勤、夜勤・当直が可能」といった事が前提条件として提示される反面、手当てが厚いといったことがほとんどですし、個人医院や町の小規模なクリニックであれば、日勤で休日もしっかりと確保できる一方、給与水準が比較的低いといった傾向にあったりします。

これは、どちらの求人が優れている・劣っているということではなく、それぞれに「適した看護師の姿が異なっている」ということでしかありません。 また、看護師側としても、収入を最優先事項として勤務先を選ぶのか、自分のライフスタイルや家族の時間を重視して看護師として働くのかによって、自分が「良い」と思う事のできる働き先は変わってきます。

更に、一昔前までは看護師の勤務先というと病院や医療施設がほとんどでしたが、現在は企業や学校、保育園や介護施設など、非常に幅広く活躍の場が用意されています。

看護師の求人を探す時には、自分が看護師として働く上で何を最優先したいのかを明確にした上で、どういった分野でその希望がかなえられるのか、どういった勤務先が自分のスタイルに適しているのかを考慮することが大切だと言えるでしょう。