ダブルワークがOKかどうか確認することが大切!

看護師に関する情報を更新中!

看護師の仕事のかけもちについて

最近は、正社員・常勤の看護師の方の中でも、Wワーク(アルバイトや副業)を行っているという方が増えてきています。

正社員の看護師の方がアルバイトや夜勤専従看護師に勤しむ理由としては「現在勤めている病院の給与が安い」といったものが最も多く、次に「子供の教育費が必要」「介護費用が必要」といったものが続くようです。 また「看護師としてのスキルを磨きたい」「キャリアアップのため」といった前向きな理由を挙げる方も少なくないようですね。

特に、看護師という職業は、やる気さえあれば一生現役で活躍できる素晴らしい仕事ですが、無理がきくのはやはり若い時だけです。 若い時には若さや体力にまかせて無理が出来ても、年を重ねるにつれて行うことのできなくなる業務やオペレーションも出てきます。

こういった理由から、心身ともに健康で余裕があるうちにどんどん稼ぎたい、看護師として様々な業務に携わり経験とキャリアを重ねたいと考える方が増えてきたこともあり、Wワークを実践している方も増えていると考えられています。

また、近年看護師の業務形態・勤務形態は多様化が進んでいますが、常勤看護師としてWワークをするのではなく、アルバイトやパート、派遣といった働き方を選び、自分の都合の良い時間・曜日に複数の勤務先で働くという勤務スタイルを選択している方も増えてきているようです。

この働き方であれば、自分のライフスタイルを崩すことなく、更に特定の技術や経験を効率よく身につける事のできる医療機関などを選択する事もできるという利点もあります。

このように、看護師の方の間で増えてきているWワークという働き方ですが、一つしっかりと確認しておかなければならないのが「Wワークを禁止している病院や医療機関も少なくない」ということです。大学病院や国立病院のような行政関連の医療機関は当然のこと、民間病院でもアルバイトや副業を禁止しているところは少なくありません。

Wワークを行う際には自分の現在の勤務先でなく、応募を検討している病院や医療機関が「WワークOK」かどうか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

アルバイト・副業先として検討中の求人案件がWワークOKか否かということは、看護師専門の求人サイトや、看護師転職支援サービスなどで確認することが出来ますので、是非、チェックしてみて下さいね。