麻酔科に働く看護師は大変?

看護師に関する情報を更新中!

麻酔科で仕事をする看護師の業務

麻酔科という診療科を持っている病院は少ないです。 手術の際の患者様の身体管理が麻酔科医の主な仕事になります。 患者様の命と直結していますから高度な専門知識と経験が要求されます。

そのために麻酔科で勤務する看護師にも高度な医療知識とそれに付随する看護ケア・看護技術が必要です。 同時に麻酔導入薬の種類や特徴、麻酔をするときに保持するべき体位などの知識も不可欠です。 ここでは麻酔科で仕事をする看護師の業務についてご紹介いたします。

麻酔科看護師の仕事では「麻酔科医の補助」と「麻酔管理に関連する業務」があります。 オペ室担当の看護師には「器械出し」と「外回り業務」の2系統がありますが外回り業務の一部は麻酔科看護師の業務と捉えても良いでしょう。

具体的には「手術室内の麻酔器薬のチェック」「医師が行う麻酔の介助」「患者様の容態管理」です。 特に術後の患者様の容態に関しては、脈拍や呼吸の管理が重要であるから経験を積んだ看護師が望まれています。

次に手術室以外での麻酔についてご紹介しておきましょう。 従来は麻酔が行われるのは手術室が大部分でした。 けれども最近では「痛みの緩和を専門とするペインクリニック」も増加してきています。

ペインクリニックは末期のがん患者様の痛みの緩和を対象として「麻酔を使用して患者様の痛みを和らげること」を目的にしています。 ペインセンターが併設されているような巨大病院では、がんの疼痛(とうつう)のみならず「術後の痛み」や「慢性の痛み」に対応しているケースもあります。 痛みに苦しむ患者様のケアをおこなう看護師はこういった場でも必要になります。

以上、麻酔科で仕事をする看護師の業務についてご紹介いたしました。 麻酔科看護師は経験を要求される場合が多いので求人数は少なめです。 けれども麻酔分野についての経験や知識を深めれば「がん性疼痛看護」「緩和ケア」認定看護師の道も開かれます。

欧米には「麻酔看護師」と呼ばれる麻酔専門の看護師が存在しています。 医師と同様に患者に麻酔をかけたり麻酔管理ができる立場です。 日本国内でも麻酔処置のできる看護師認定をするような声が上がっていますが実現していません。