企業看護師として活躍できる業務とは?

看護師に関する情報を更新中!

看護師が新薬開発のための治験に関わる仕事をする

新薬開発をする治験を担当するために看護師が企業で仕事をする場合があります。 代表的なものは二つあります。 1番目は「臨床開発モニター」(CRA)と呼ばれる仕事で、2番目は「治験コーディネーター」(CRC)と呼ばれる仕事です。

ここでは、看護師が新薬開発のための治験に関わる仕事をするCRA・CRCについて説明しましょう。 CRAは製薬企業側の立場に立って、治験が法律や実施計画書に準じて実施されてるかを監視する担当者を指します。 CRCは「治験に治験に協力してくれる被験者」や「治験に携わる他の医療スタッフ」「治験依頼側」との調整をして治験がスムーズに行われるようにする役割があり立場は医療機関側になります。

CRCには2種類あって(1)SMO企業所属のCRC(治験を実施する医療機関をサポートする企業=SMOに勤務)と(2)病院所属のCRC(治験を実施する医療機関に病院職員として勤務)です。

ではCRA・CRCの業務について説明しましょう。 CRAの業務には「治験の進捗具合のモニタリング」「治験を実施する担当医師や医療機関の調査」「治験の契約」「他のスタッフへの説明」「治験によって得られたデータの回収」があります。 特にモニタリング業務は細かい確認事項が多いですから集中力が要求されますし医療機関に出向くなど出張が多くなります。

CRCは「治験スケジュールの管理」「病院内で治験を担当する被験者や医師のサポート」「被験者への説明」「データの収集」を行います。 治験に協力する患者様との関わりが多いですから「薬や病気の知識よりもコミュニケーション能力が必要」です。

では、病院勤務とどの点が違うのでしょう。 まず病院でするような「点滴」「採血」などの医療行為はほとんどしないと言って良いでしょう。 その代わりに「電話やメールといったビジネススキル」「社会人としてのマナー」「ワードやエクセルの技術」が必要です。

最近の傾向としては「英語力があること」も大きな採用ポイントになっています。 CRAは患者と接する機会はほとんどありません。 しかしながら「新薬を待っている患者様がいる」という意識で新薬の開発に携わるので十分にやりがいを感じられるでしょう。

CRCは被験者の質問に答えたり、疑問や不安を取り除いたりして、被験者が安心して治験を受けられるようにすることが大切です。 治験を担当する医師や他の医療スタッフと連携をスムーズに図るために、より高いコミュニケーション能力が必要となります。